杉並区 浜田山駅 歯科 歯医者

増野歯科医院

03-3302-7662
浜田山徒歩2分

〒168-0065東京都杉並区浜田山2-21-13

歯ぎしりclench

  • 一般歯科(虫歯治療)
  • 根管治療
  • 歯周病治療
  • 審美歯科治療
  • ホワイトニング・メラニン除去
  • 予防歯科・PMTC(歯のクリーニング)
  • インプラント治療
  • 入れ歯治療
  • 歯ぎしり
  • セレック
  • 自費診療について
  • 院長コラム
  • Smile & Heart アロマ
  • 増野歯科医院小冊子
  • 増野歯科医院による入れ歯専門サイト
  • 増野歯科医院オフィシャルブログ
  • セレックスタイルビューティー

歯ぎしり

【歯ぎしり】放っておくと抜歯にいたるこわい病気です

近年「歯ぎしり」をしている人がとても増えてきました。 一説によると、成人の7割が何らかの「歯ぎしり」をしていると言われ、しかもその7割の人が音のしない「歯ぎしり」をしているそうです。要するに成人の約半数が自分で気づかずに「歯ぎしり」していることになります。

音がするだけではわかりません。歯が磨り減ることはもちろんですが、歯ぎしりが原因で虫歯になったり、神経が炎症を起こしたり、最悪は歯根破折で抜歯になってしまいます。また顎関節症の原因にもなります。

 

「歯ぎしり」による弊害
1.歯の磨耗や表面のクラック(亀裂)

咬み合わせの面が磨り減り、前歯は短くなってきます。歯の表面には微細なクラックを生じます。

 

2.知覚過敏

磨耗により象牙質が露出したり、クラックが生じて、冷たいもの・甘いものなどしみる様になります。冷たいもの、甘いものを噛んだ時にキュッとしみるのが特徴です。

 

3.くさび状欠損

歯の歯茎にそった部分がくさび状に削れてきます。知覚過敏の原因ともなります。ちょっと前までは、歯の磨き過ぎが原因と言われていました。

 

4.歯牙破折

強い力により、歯の頭の部分(歯冠部)の一部あるいは全てが欠けたり、折れてしまいます。神経が露出してしまうこともあります。

 

5.歯ぎしり虫歯

私が勝手に付けた名前です。歯の表面、特に歯と歯の間の面(隣接面)に生じた亀裂に唾液が入り出来る虫歯です。歯茎との境い目に出来るので、発見が非常に困難です。歯ぎしりをしている方のほとんどの方に見られます。

 

6.歯髄炎(神経の炎症)

虫歯と同様に、亀裂から唾液が入り、神経が炎症を起し、激痛が出じます。ほとんどの場合、虫歯を伴わないので原因の特定が困難です。

 

7.歯根破折

亀裂が深くなり、歯根に及ぶとひびになって、しまいには歯根が割れてしまいます。ほとんどの場合、抜歯となります。歯根に金属の土台(キャストコアー)が入っていると、歯根破折の発生率は非常に高くなります。当院でも最近の抜歯の原因の半数以上が歯根破折です。

 

【症例1】

 

【症例2】


 

なぜ歯ぎしりをするの?

歯ぎしりは、人間のストレス発散の1つの手段であることは、生野学的に証明されています。動物はストレスがあると噛み付きますが、人間はそんな事が出来ないので、その代わりにに歯ぎしりをするそうです。歯ぎしりの強い人が、硬い食物を好むのも、その辺に理由があるようです。

歯ぎしりの治療法とは?

歯ぎしりの治療方法とは残念ながら、歯ぎしりを止める方法はありません。またストレス発散の1つの手段ですので、無理に止めてはいけないそうです。そのため治療は全て、症状を軽減させる、いわゆる対象療法になります。咬み合わせを調整したりナイトガードにマウスピースを入れる事で、歯に対する負担を軽減します。また普段から強く噛みしめない様に意識する暗示療法もあります。

pagetop